住宅性能表示制度への取り組みを行っています

vol.115

家族の命を守る家づくりに
欠かせないのが

住宅性能評価書

タイセーハウジングでは
構造計算(許容応力度計算)を
行ったうえで

耐震性能や耐火性能、
省エネ性能などが
希望するレベルになるように
設計されているかを
専門家、第三者に
チェックしてもらっています。

設計住宅性能評価書を
取得しています。

住宅性能評価書とは?

住宅の設計について客観的な基準で
評価する「住宅性能評価」。

その結果が記されたものが
「住宅性能評価書」です。

住宅性能評価書は
住宅性能表示制度による、
評価の結果交付される評価書です。

住宅性能表示制度とは?

誰もが、家を建てるのなら
性能が高く、安心して住める家
にしたいと思います。

では、自分の家は
性能がいいのか?悪いのか?

この家が安心して住める家なのか?

以前はこれらが明確に定められて
いなかった為

わかりませんでした。

そこで、2000年に
「品確法」が定められました。

この法律を元に
客観的な数値で表示できる
項目を中心に
第三者登録住宅性能評価機関が
法律に基づいて評価、表示する
住宅性能表示制度がつくられました。

住宅性能評価はどんなことを調べるの?

新築住宅では
10分野の性能が評価・表示されます。

このうち、必須分野は4つ。

  • 構造の安定
  • 劣化の軽減
  • 維持管理・更新への配慮
  • 温熱環境

その他の項目は

  • 火災時の安心
  • 空気環境
  • 光・視環境
  • 音環境
  • 高齢者への配慮(バリアフリー性)
  • 防犯

選択分野が増えれば、それぞれの
分野の基準に合致させるための
工事費がアップしますので
必須分野以外は別途お問い合わせください。

以上の項目をクリアする
ことにより
様々なメリットもあります。

建てる前に性能を判断できる

性能を等級や数値で評価するためわかりやすい

安心の評価

国が定めた評価基準と第三者機関により
客観的で公正な評価がされるので安心。

地震保険が優遇される

耐震等級により地震保険の割引があります。

タイセーハウジングでは
安心して家を建てて頂くため

この設計住宅性能評価書を取得し

安心・安全な家を

まごころ込めて

一生懸命建てて行きます

では、また明日\(^o^)/

※建物仕様については2021年9月現在のものです。
 仕様が異なる場合がありますので
 詳しくは担当スタッフにお尋ねください。