災い転じて福となす!

2018年の悪夢の出来事、
業績悪化が会社にとっては
良いことに繋がりました。

①創業の想いを再認識できたこと
②今後の会社の規模感と
 進むべき方向性が決まったこと

タイセーハウジング創業の想い

人を信用、
信頼する環境づくりをし、
お客様との絆を大切にする
会社であり続けること。

1人1人が情熱を持って接客し、
お客様との関わりを
大切にする会社であること。

以前私の勤めていた会社は
社員1,000人超、
売上高700億円規模の会社でした。
その当時は経営側にいたので
お客様と直接関わりあう事は
出来なくなっていました。

この規模の会社だと、
私のお客様に対する熱い想い、
などを共有し実行するなどは
どうやっても出来ません。
ましてや1人1人が情熱を持って
お客様に接客するなどは
到底、無理な話です。

大きくなればなるほど、
経費がかさみ売上を
上げなければなりません。
お客様の為になどとは
出来ません。
どうしても、売上至上主義に
ならなければ、会社を維持する
事も出来なくなるので、
終わりのない
売上、売上、売上を作る
ということにならざるを得ません。
お客様の立場にたった仕事など出来ないのです。

私はいつまでもお客様と関わり続けたい、
お客様の喜ぶ!(^^)!顔が見たい
家をつくるにあたって、
その家族の幸せを願い
お客様と一緒になって
喜びを分かち合いたい
そういう心で仕事をしてきていたので、

この大きい規模の会社では
それは絶対に出来ない、
叶わないと思ってしまいました。

お客様に対する熱い想い、
志を実現するためには
自分で一から作り上げるしかない!
やるしかない!と

タイセーハウジングを立ち上げました。
大手には出来ない細かなサービス、
心のある暖かい接客を1人1人が共有し、
社長自らも接客し
お客様の笑顔の為に一生懸命努力する。
そんな暖かい会社を
つくりあげて行きたいと立ち上げました。

私の考える家づくりは
お客様に関わる全ての人
営業、設計、現場監督、大工さん
各部門の職人さん、アフターメンテナンス
社内の裏方さん、
もっといえば、
その家族の方々の
支えがなければ

”想いの詰まった素晴らしい家”

は建てられません。
それだけお客様の為に
家を建てることは
”魂”が必要なことなのです。

1人1人が情熱を持って
誇りある仕事をする!
チームが一つになって
お客様の為に全力を尽くす!
バラバラな気持ちで
仕事をしたら絶対いい家は
建てられないのです。

チームワーク良く、
一つの目標に向かって
やらなければ
良い家は出来ないのです!

良い家を建てるために、
それが出来る会社づくりを
めざし日々精進してきました・・・

長くなってしまったので、
今日はこれまで


では明日\(^o^)/


NEXT