楽しい雰囲気作りはお客さんに伝わる!楽しい家づくりは楽しい環境から生まれる

vol.1029

連日大谷翔平のキャンプ情報
盛り上がっていますね

 

今日昼間の気温は
2月中旬なのに24℃まで上昇
あたたかかったです

 

アリゾナもあたたかく

 

ホント楽しそうに野球をしています

 

これからの時代は
楽しくやる時代ですね

大谷翔平を見ていると
考え方が変わります・・・

今日はチームのあり方に
ついてのお話です

このブログ管理者
大久保武史とは・・・

建築・不動産に携わり27年
紆余曲折の人生
一度は経営に失敗し

どん底を味わった経験から
本当の幸せとは


大きな成功でなく

小さな幸せであると。。。

小さな幸せを大切に
熱い想いを

ブログに綴ります

このブログを見ている人が
少しでも勇気が出るよう
熱く書きます・・・
それでは今日も元気にいってみよう!

 

2024年2月20日(火)号

楽しく野球をしている

大谷翔平を見ていると
ホント考え方が変わります

あのWBCでの
メキシコ戦の時

負けそうな雰囲気の時に
あの楽しそうな顔

あの場面でのあの行動
中々出来ません

ビハインドのベンチの中
「さぁ行くぞ!」「準備して~」
と両手を広げて
みんなを鼓舞していた場面です

これ超印象的でした

イチローとは真逆ですよね

イチローは年齢50歳
自分と同じ世代です
松井秀喜も一緒です

自分達の世代は厳しい野球
厳しく気持ちで
プレーし結果を残す

イチローを見ていると
自分自身を追い込み
厳しい野球をする
そういう言葉がピッタリです

2009年のWBCなどは
まさしく鬼の形相でプレーしていた

厳しくやることに
どこか美学があり

「楽しくやる」というのは
どこか悪的な気持ちがある

この世代は厳しく人生を生きる!

そういう時代でした・・・

もっと上の時代などは
もっと厳しかっただろう

でも今の大谷などは
全然楽しく野球をしています

楽しい雰囲気で野球をやる!
厳しい野球などは全く無縁
そう感じます

これからの世代は
こういう雰囲気で
やらないといけないなと・・・

会社でもまったく一緒だろう

楽しい雰囲気での会社がいい

“”厳しくやる会社“”
これはもう時代遅れだろう

しかし自分達もまだどこか
「楽しくやる」というのは
どこか引ける、、、

しかし時代は違って来た!

楽しく仕事をする=美学

厳しく仕事をする=悪

大げさにいうと
そういう事になると思う

タイセーハウジングでも
大谷世代(30歳)がこれからは
会社も引っ張っていくだろう

楽しい雰囲気の会社
楽しい雰囲気の職場

これを実践していきたい!

強く思っています

このような雰囲気にする事により
お客様にも伝わる
お客様にも楽しい雰囲気が伝わる

そう思います・・・

楽しい家づくりを
お客様と一緒になって

楽しい雰囲気の中で
楽しい家づくりを
しなければなりません

今後は楽しい雰囲気にしていこう
そういうチームを作っていこう

大谷翔平から感じる
会社のチーム作りのお話でした

今後は心を入れ替えて
行こうと思います

では、また明日(^.^)/~~~

👆お問い合わせはこちらから

 

👆施工事例こちらから

 

👆リアルサイズのモデルハウスはこちらから

👆戸室モデルハウス
👆最新YouTube【毎週更新中】
👆前回YouTube【毎週更新中】